2015年10月13日

シロアリ兄さん 〜クラック補修〜

こんにちは!アイジーコンサルティング沼津店、シロアリ兄さんこと、鈴木です。


先日、富士山が初冠雪をし、秋を感じていた今日、冠雪を無視して
非常に暑いです!

IMGP9712.jpg

本日快晴!
どうりで熱いはずだ!!


☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜


本日のご紹介は、基礎のひび割れ(クラック)補修です。


IMGP9692.jpg
クラックに対してブラッシング処理を行います。
割れを露わにする事と、表面に傷を付ける事で硬化剤が密着するようにします。


IMGP9693.jpg
ダスト処理をおこないます。
ブラッシングの粉や、クラック内部の粉を吹き飛ばします。
クラック内部に粉が残っているとエポキシ樹脂剤が上手く接着しません。


IMGP9694.jpg
エポキシ樹脂剤の注入口取り付け。
案外慎重に行う作業で、後のエポキシ樹脂剤が確り注入できるか、
ここに掛かってきます。


IMGP9696.jpg
エポキシ樹脂剤注入。
注入後、仕上げ処理をして完成になります。


この様に、住宅のメンテナンスは床下のシロアリ消毒や、
外壁塗装のみならず、構造体の補強を行う事も住宅を長持ちさせる
重要なポイントになります。

また、弊社のインスペクション課、耐震診断士によって事前の
耐震調査を実施し、必要な個所に必要な補強工事を提案させて頂いています。



さて、
本日の沼津店!

事務所の玄関横に花が咲いています。

IMGP9713.jpg
(ムラサキカタバミ)

三つ葉のクローバーのような草ですが、実は違います!




アイジーコンサルティングについては↓↓コチラ↓↓をご覧下さい。
untitled.bmp

潟Aイジーコンサルティング沼津店
↓こちらの地域を担当しています。

三島市、沼津市、富士市  
熱海市、伊豆市、伊豆の国市    
伊東市、河津町、函南町      
御殿場市、芝川町、清水町     
下田市、裾野市、長泉町      
西伊豆町、東伊豆町、富士宮市    
南伊豆町


雨でも風でも、床下診断は行いますので
お気軽にお問い合わせください♪
潟Aイジーコンサルティング沼津店電話055−943−6502


posted by mishima at 16:18| 静岡 ☀| Comment(0) | 耐震診断・補強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月29日

制振装置

こんにちは。Monday河本です。
自己紹介はこちら⇒自己紹介

一昨日の戦利品
IMG_7729.JPG
お取引先のボーリング大会で見事!!優勝しました。

子供でも写そうかな。


さていよいよ迫ってきました。【七夕】
各地で七夕祭りが開催されますね。
ここ沼津でも【ぬまづ七夕まつり】が駅前の仲見世商店街を中心に
開催されています。
静岡新聞記事

☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜

さて昨日、ボーリング大会とはまた別の、お取引先工務店さんの
新築完成見学会のお手伝いをしてきました。

現場は
IMG_7731.JPG
家の目の前に富士山が見える、絶景ポイントのようなロケーション☆

こちらの新築の建物の中に、弊社の取り扱いをしている商品が
展示していただいていました。

IMG_7730.JPG

住宅用の制振装置【MER-SYSTEM】です。
「エムイーアールシステム」と読みます。

この制振装置を製造しているのは、この沼津店エリアの富士宮市にある
【HKS】さんです。

HKSといえば、自動車のチューニングパーツのトップクラスのメーカーです。
私の自家用車にもパーツがついてます。

詳しくはこちらまで⇒MER-SYSTEM

新築だけでなく、既存住宅にも耐震補強工事やリフォーム工事で取付ができます。
※工事の仕様や内容により取り付けられない場合もあります。


弊社アイジーコンサルティング事業内容、最新情報、弊社116年の歴史については
↓↓コチラ↓↓をご覧下さい。
untitled.bmp

潟Aイジーコンサルティング沼津店
↓こちらの地域を担当しています。
主に静岡県東部全域
(三島市、沼津市、富士市  
熱海市、伊豆市、伊豆の国市    
伊東市、河津町、函南町、松崎町      
御殿場市、小山町、清水町、下田市、
裾野市、長泉町、西伊豆町
東伊豆町、富士宮市、南伊豆町、その他東部全て)山梨県


沼津店は広い範囲で住宅全般の調査が可能です。
お気軽にお問い合わせください♪
潟Aイジーコンサルティング沼津店電話055−943−6502
posted by mishima at 16:02| 静岡 ☀| Comment(0) | 耐震診断・補強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月23日

雪止め

こんにちは。 アイジーコンサルティング橋本です。

寒いだぁ、雪だぁと言っていましたが・・昨日は凄く暖かい!

この急な寒暖の差、体調を崩す元ですね・・
でも、こんな良い事も!

140221_140646.jpg


小さな「春」を見つけました!
東名高速の愛鷹SAにあった桜の木です。
まだ枝に1個、2個・・殆ど気付かない位でした。
一応は「春」なんですよね、こんな寒くても。

☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆

とは言いながら、先日の御殿場市に伺ったときの写真です。

IMG_9441.JPG

道は通れますが・・両脇には雪の壁が!
一番深い時には70センチの積雪があったとの事・・

今回こちらに伺ったのは「屋根瓦が落ちた」との問合せからでした。
状況を聞くと、屋根に積もった大量の雪が一気に落ちた為、瓦まで壊れてしまった・・との事でした。

突然の事で、ビックリされたようでした。
一日でも早く直せるように、私も尽力します。


このような事態を防ぐ部材に「雪止め」なるものがあります。

yyukidome.jpg


積もった雪がこの突起に引っかかる事で、一気に滑り落ちるのを防ぎます。

雪は非常に重たいものです。
今回と同様の場合でも、落ちてきた雪の下敷きになり怪我をするケースも考えられます。

この小さな部材も、命を守る為に役立っているんですね。

この「雪止め」、雪が殆ど降らない静岡県ではまず目にする事がありません。
新幹線や電車で、屋根にこの「雪止め」が見えるようになると、「あ、静岡県を出たな」と、分かるくらいです。
今度電車の乗ったら、屋根に注目してみて下さい。



☆おかげさまで創業115年目の年になりました。
弊社アイジーコンサルティングについては↓↓コチラ↓↓をご覧下さい☆
untitled.bmp


潟Aイジーコンサルティング沼津店
↓主にこちらの地域に安心と笑顔をお届けしています。

沼津市、三島市、富士市  
富士宮市、函南町、伊豆市、伊豆の国市    
伊東市、熱海市、下田市、賀茂郡、
裾野市、御殿場市、駿東郡


床下診断・屋根外壁診断・耐震診断等の住宅に関する
お問い合わせは創業115年の豊富な実績を誇る弊社にお任せ下さい。
お気軽にお問い合わせください♪
潟Aイジーコンサルティング沼津店電話055−943−6502




posted by mishima at 08:00| 静岡 ☀| Comment(0) | 耐震診断・補強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月09日

備え

こんにちは。 潟Aイジーコンサルティング沼津店 橋本です。

昨日は、雪が凄かったですね。静岡県の平野部でこんなに雪が降るとは。
沼津店のコンテナの上にも・・

IMG_9286.JPG

こういう雪を見ると雪合戦をしたくなる・・
この気持ち分かります?
分かると言う方は 生粋の「静岡人」 です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

特に静岡県は少しでも雪が積もると大パニックになります。
静岡中部の平野部なら、5cm積もっただけでも大騒ぎです。
このパニックの原因はもちろん、雪に慣れていない事。
それと、それに対する 「備え」 をしていないからだと感じています。

車で雪道を走るなら「スタッドレスタイヤ」を履きますよね?
滑る事が分かっているからこそ、それに備えます。

でも・・
私大学は長野県だったのですが、スキー場に行く道中、
立ち往生している車や事故している車をチョクチョク目にしましたが・・・。
そのナンバーを見ると殆どが「静岡」ナンバー!!
そんな車は、大半が「普通タイヤ」。
あっても「普通タイヤ+チェーン」。

「チェーンだけで大丈夫」と思ったのでしょうね・・
「普通タイヤ+チェーン」って意外と滑るものなんですよね・・
もちろん、運転の仕方を間違うと事故ります。


「備え」は、災害や情報を知らないと本当の「備え」にはなりません。

地震対策も同じです。

地震の後何が起きるのか。本当に必要な「備え」は・・。

一度、こちらを覗いて見てください。

☆おかげさまで創業115年目の年になりました。
弊社アイジーコンサルティングについては↓↓コチラ↓↓をご覧下さい☆
untitled.bmp


潟Aイジーコンサルティング沼津店
↓主にこちらの地域に安心と笑顔をお届けしています。

沼津市、三島市、富士市  
富士宮市、函南町、伊豆市、伊豆の国市    
伊東市、熱海市、下田市、賀茂郡、
裾野市、御殿場市、駿東郡


床下診断・屋根外壁診断・耐震診断等の住宅に関する
お問い合わせは創業115年の豊富な実績を誇る弊社にお任せ下さい。
お気軽にお問い合わせください♪
潟Aイジーコンサルティング沼津店電話055−943−6502





posted by mishima at 13:00| 静岡 ☀| Comment(0) | 耐震診断・補強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月19日

名は「耐」を表す

こんばんは。 アイジーコンサルティング沼津店 橋本です。

寒いですね・・
こんな日は、富士山を見るんです!

__ 1.JPG


冷えた空気が、澄んだ空気に感じられて、いつもよりきれいに見える気がするんです。
皆さんもそう思いませんか?


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

いつも、耐震診断では診断内容や耐震について詳しく説明をします。
一般の方でも分かりやすい説明をするように意識してはいるのですが、
無意識に専門用語を口走っているようです。
専門用語ってけっこう耳で聞くと難しそうに聞こえますが漢字に直すと結構理解しやすいものです。

例えば・・・「耐震」

文字を分解すると、 地震 に 耐える  となります。
木造でも鉄骨でも、構造を硬くして揺れに対抗する構造ってわけです。
「耐震」と関連して「制震」や「免震」という言葉がありますが、これらも分解
すると理解しやすいです。


「制震」は、 震動 を 制動する となります。
制動とはブレーキのことです。オイルダンパーやゴムなどを構造の接合部
などに設置して、建物に伝わってきた揺れにブレーキをかけるんです。


「免震」は、 震動 を 免除する となります。
建物に伝わるべき震動を、家に伝えない(免除)工法です。特殊な装置を家
の下に設置して地面上滑らせるやり方が多いです。



どうです?感覚的にわかりやすくないですか?
これからも、折をみていろんな専門用語を解説できればと思っています。
また覗いてみて下さい。





☆おかげさまで創業115年目の年になりました。
弊社アイジーコンサルティングについては↓↓コチラ↓↓をご覧下さい☆
untitled.bmp


潟Aイジーコンサルティング沼津店
↓主にこちらの地域に安心と笑顔をお届けしています。

沼津市、三島市、富士市  
富士宮市、函南町、伊豆市、伊豆の国市    
伊東市、熱海市、下田市、賀茂郡、
裾野市、御殿場市、駿東郡


床下診断・屋根外壁診断・耐震診断等の住宅に関する
お問い合わせは創業115年の豊富な実績を誇る弊社にお任せ下さい。
お気軽にお問い合わせください♪
潟Aイジーコンサルティング沼津店電話055−943−6502





posted by mishima at 18:38| 静岡 ☀| Comment(0) | 耐震診断・補強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月17日

表と裏

こんばんは。橋本です。

この頃、寒かったり、暖かかったり・・ハッキリしないですね。
こういう時期は風邪をひきやすいので、要注意。

先日、基礎のひび割れについて問合せを頂き現地の確認へ・・
電話では「少し割れている所がある」との話でした。

・・で、表側を見ると確かに細いひび割れが一本。

IMG_8061.JPG

ひび割れの幅は、約0.5o程度。

でも、その裏を見てみると・・・

IMG_8063.JPG

がっつり割れていました。
なんと、ひび割れの幅は、2.3o以上。

実は、こういった例は意外とあるケース。
原因は、基礎コンクリートの表側には「化粧モルタル」という、仕上げがしてある為です。

基礎本体の損傷を、正確に見るには裏側=床下側から判断しないとなりません。

表面だけ見て「コレくらいなら・・」と思っている方・・!

一度、しっかり確認する事をお勧めします。


〜今日の沼津店〜

今日は久しぶりの沼津店でした・・
二人とも真剣に頑張ってます!!

IMG_8077.JPG


posted by mishima at 18:51| 静岡 ☀| Comment(0) | 耐震診断・補強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月15日

台風

こんにちは。 橋本です。


今日、明日と台風18号が接近中!!

15日現在の予報では、16日には東海地方(静岡県)に上陸するとの事・・


今日の朝、沼津へ向かう途中には前が見えないくらいの土砂降りでした。

でも・・

IMG_6872.JPG


沼津店の空は、信じられないくらいのピーカンでした!

ただし、雲は不気味なまでにモクモクと発達しています。

これからどんな風と雨が来るのやら・・


台風の前後は、しっかり家の状態を見極める事が重要です。

例えば、屋根。

08 oguri bettaku.jpg

201109270958002.jpg


台風の風で、瓦がめくれたり、時には屋根ごと剥れてしまう事も・・

台風も地震と同じく、自然災害です・・ くれぐれも気を付けて下さい。


また、台風など強い風が吹いた時に

「家が揺れて怖い思いをした・・」 という方がいらっしゃったら・・


耐震診断」 をお勧めします。


「風」 も 「地震」 も、同じく横からの力です。

「風に弱い」 = 「横の力に弱い」 =・・・「地震に弱い」 となります。


もし、気になる方は「こちら」を参考にして下さい。





posted by mishima at 15:19| 静岡 ☀| Comment(0) | 耐震診断・補強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月08日

この穴は?

こんばんは 橋本です。

9月に入り、ようやく朝晩が過ごしやすくなってきました。

ところで・・・

「コレって何のためにあるの?」と思ったことありませんか?

家の中や周りにあるモノで、なぜ必要なのか・・・

一見、必要なさそうなものでも、重要な役割があったりします。

IMG_7677.jpg

第1弾は・・・「よう壁にある穴」
こういった壁を「よう壁」と言います。そこによく付いている穴

時々、空き缶が入っていたりします・・・・

これには重要な役割があります。


雨が降った日の翌日に見ると・・

IMG_7676.jpg

こんな風に、水が出ていることがあります。

この穴は、土の中にしみこんだ雨水を排出するための穴なんです。


水が土に染み込んだままの状態では、地盤はやわらかくなり沈下などを引き起こします。
また、土が水と一緒に流れ出てしまってもいけません。

この穴は、それを排水するための穴です。

いわば、台風などの災害から地盤を守る為のもの。

空き缶を詰めるなんて、もってのほかです。


また、色々な「何ナノこれ?」ってモノを紹介できればと思います。





posted by mishima at 22:05| 静岡 ☀| Comment(0) | 耐震診断・補強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月26日

想いは一つ

こんにちは。橋本です。

先日の写真ですが・・・

IMG_6462.JPG

山梨県富士吉田からの富士山です。

この時期にしては雲も少なく、ものすごく綺麗でした!

この日は、弊社が加盟している「日本木造住宅耐震補強事業者協同組合」の研修に参加してきました。

それもこれも、日々進歩していく耐震分野について勉強をする為です。

北海道から九州まで・・全国の耐震補強に携わる方々とも交流を深めています。

参加した組合員の想いは一つ・・・

「一軒でも多くの建物を地震から守り、一人でも多くの命を守る」

私も頑張らねば!




posted by mishima at 08:43| 静岡 ☀| Comment(0) | 耐震診断・補強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月21日

テスト

こんにちは。 橋本です。

今週は少しお湿りもあってか、暑さが和らいだような・・
いや、そんな事は無いですね。暑い!

沼津店の「はるかのひまわり」も、種を満載した花が頭を垂れてきました。
収穫までもう少し。カラスに食べられないようにしないと。

IMG_6001.JPG

さて・・今週、東京に行ってきました。

130717_162526.jpg

弊社の加盟する、「日本木造住宅耐震事業者協働組合」が主催する講習会に参加してきました。
この団体は、耐震診断や補強に従事する業者が加盟する国土交通省認可法人です。
3年に一度、「耐震技術認定者」の資格を更新するために講習会に参加し、試験も受けねばなりません。

130717_162607.jpg

この試験・・更新で何回か受けているので問題は無いのですが・・
試験というと、生理的に苦手のようです。

どうして何回も講習や試験を受けるのかというと・・

耐震補強や診断では、常に「最新」の知識が求められます。
もとより「耐震」は、阪神大震災以降に研究が進んできた分野なので、日進月歩でその技術が進歩、変化しています。
常に正しい知識をもって耐震事業にあたる為、3年に一度は試験を行うのです。

日々勉強、日々精進・・です。


posted by mishima at 08:41| 静岡 ☀| Comment(0) | 耐震診断・補強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月07日

昭和56年 

こんばんは。橋本です。

暑い日が続いてます。汗っかきにはツライ季節です・・


さて、静岡県で耐震補強には補助制度があります。

ご存知の方は多いと思います。

その対象は・・昭和56年6月以前に建てた木造住宅。

そのせいか、こんな質問を受けることがあります・・


「昭和56年以降に建てた家は耐震診断(補強)しなくてもいいんだよね??」


答えは・・「必要」です。


「昭和56年以前の建物が補助対象」という所から出た 誤解 です。

事実、阪神大震災で昭和56年以降の建物も倒壊の被害に遭っています。

確かに、昭和56年以前の建物に被害が多かった事は事実です。

が、わずか築2ヶ月の建物も倒壊した現実があるのです。


以前、診断したお宅ですが・・

IMG_0766.JPG

1階部分が車庫になっています。

当然、建物の一方に壁が極端に少なく、耐震性が低い事は明らかです。

なので・・・

IMGP0353.JPG


新しく壁を作りました。


このお宅も平成に入ってからの築。

手抜きでもなんでもなく、しっかりと確認申請も通してあり、当時の建築基準法はクリアしています。


実は当時の建築基準法では、壁の配置バランスや金物の設置について殆ど規定していません。

厳しい規定が出来たのは、阪神大震災を受けて基準が改定された平成12年(2000年)になってからです。

つまり・・・「平成12年よりも以前の建物には耐震診断が必要」 という事です。


もし、「ウチは昭和56年以降に建てたから大丈夫!!」と安心してしまっている方。

一度、耐震診断を受けることをお勧めします。


私の経験上、昭和56年以降のお宅でも大体6割ぐらいのお宅で「倒壊の可能性がある」と出ます。


診断してみて損は無いと思いますよ・・?

posted by mishima at 18:24| 静岡 ☀| Comment(0) | 耐震診断・補強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月16日

偉業

こんにちは。 耐震担当 橋本です。

先日、山梨県の山中湖周辺に遊びに行ってきました。

そこで・・

130616_133308.jpg

富士吉田市にある富士山レーダードーム館に立ち寄ってきました。

ここには今は撤去されてしまった「富士山レーダー」が移設されています。

私の世代(1970年代生れ)なら、誰でも聞いた事はあるはず・・

当時の記録や、実際に使われた様々な貴重な展示物から見ても、感心するばかりです。

富士山頂という苛酷な環境で、これだけの建造物を作る・・正に偉業です。

そのお陰で、台風の観測が強化され危険を事前に回避できたのです。

富士山レーダーを知らない私の子供も、始めは「なに?ここ?」と言っていましたが最後には「すげぇ〜」と何か感じてくれたようです。

自分も、建築工事=命を守る工事 だと改めて感じることができました。

「耐震補強」は、それこそ命に直結する工事です。

責任と覚悟をもって望まなければ・・よい休日になりました。
posted by mishima at 19:30| 静岡 ☀| Comment(0) | 耐震診断・補強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月09日

「高さ」の影響

こんにちは。 耐震担当 橋本です。

早速ですが、先日伺ったお宅にて・・・

この写真、なんか変わってるように見えませんか?

場所は1階の天井裏です。

IMG_4822.JPG

普段から天井裏を見慣れた方は気づいているかも知れませんが・・

では、比較の為に別のお宅の天井裏はというと・・・

IMG_2655.JPG

こんな感じです。 気付きました? 

そう、 「高い」 んです!

約1m、人が四つん這いで入って十分動けます。

これは、柱が通常のお宅よりも1m程長い事が原因。

このような造りは和風の高級仕様のお宅で、たまに出会います。


天井も高くできたり、天井裏に収納や配管を通しやすい
・・という利点もありますが、構造的には不利な点が!

まず「倒れやすい」と言うこと。「高い」とその分「転がり」やすくなります。
通常の高さよりも、横からの力に抵抗力がありません。また、テコの原理と同様の原理で、接合部への負担が大きくなる為通常よりも外れ易くなります。
さらに・・普通の木材の寸法ではないので、木材自体も特注サイズになる為、材料費も「高い」。

当然、高い建物なら高い建物鳴りに、構造は強化しなければなりません。
が、当時の建て方では、普通のお宅と同様に作られており、耐震性は同年代の家で比べると低く出る傾向があります。


平成一桁台のお宅によくあります・・。
「ウチは天井が高くて、高級仕様で作ってあるから大丈夫!」

・・本当に「大丈夫」ですか?

一度調べてみて下さい!


posted by mishima at 08:54| 静岡 ☀| Comment(0) | 耐震診断・補強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月02日

天然記念物

こんにちは。 耐震担当 橋本です。


沼津店所属となって、はや3ヶ月。

仕事で色々まわっていると、沼津地域の環境の良さを感じます。


先日も、長泉町の訪問先のすぐ近所にあったフツーの公園に行ってみたら・・

IMG_4988.JPG


公園の奥に、きれいな滝がありました。


滝のマイナスイオンに癒されて戻ってみると、説明書きが・・・


IMG_4991.JPG


・・ん?

静岡県の指定天然記念物 (!!)


なんでも、1万年前に富士山から流れてきた三島溶岩流を流れ落ちる滝なんだとか・・。

こんな、癒しスポットがそこかしこにある・・うらやましい限りです。


しかし、富士山が噴火すると、こんな所まで溶岩が来るのですね・・

東海地震と富士山の噴火は、連動して起きる・・という設もあります。


「まさか」 の時の備えをしっかりしないと・・。



また、 これは! というスポットを見つけたら、ご報告します。




posted by mishima at 17:36| 静岡 ☀| Comment(0) | 耐震診断・補強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月12日

変わるもの

こんにちは。橋本です。



GW、どこかに行かれましたか?

私は家族で嫁の実家に行き、近くの野池で釣りなんぞをしてました。

P2013_0504_142819.JPG


釣果は・・・ごらんの通り。

田舎の野池と言えば、ヘラブナや鯉とかが釣れたもんですが、 この頃はブラックバスやブルーギルしか釣れません・・。

だいぶ、昔と変わっている事を実感しました。


「変わった」 と言えば、建物の構造に関しても、だいぶ変わっています。

例えば・・、出窓です。

IMG_4356.JPG

こういった出窓、昭和50年代から平成ひと桁くらいの年代のお宅で良く見かけます。

昔は、写真のように壁を伴った出窓の場合、壁に筋交いが入っていることが多く、しかも、新築時の設計で 「耐力壁」 として計算してあるお宅が殆どです。

つまり、実際の地震の時には、この壁がしっかりと力を発揮しないとならないのですが・・・・

IMG_4354.JPG

基礎がありません。
もし基礎があったとしても出窓構造の場合、実際には殆ど力を発揮できません。
このことは、阪神大震災以降の実験などから判明してきました。

なので今では、こういった出窓の使い方はあまりしません。

今ではしっかり耐力が出せる構造にするか、他の部分で耐力を補うような構造にしています。


その当時は良くても、今ではちょっと・・・  という一例です。
昔と今とでは、だいぶ 「変わって」 います。


今一度、最新の基準や考え方で家を見直す必要があります。

IGの調査、耐震診断を受けてみてください。


posted by mishima at 08:39| 静岡 ☀| Comment(0) | 耐震診断・補強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月21日

なんとか

こんにちは 耐震担当 橋本です。

寒い! ここ数日、急な温度変化に戸惑ってしまいますね。
衣替えは、まだまだ先にしたほうが良さそうです。

沼津市の耐震リフォーム現場が大詰めとなってきました・・。
「順調に進んでいます」と言いたい所でしたが、一つ問題が・・。

IMG_4050.JPG

お風呂を解体したところ、筋交いの端部が切れていました。 
新築時、2階の配管を通す際に邪魔で切ってしまった様です。
お風呂の給水管で、穴まで空いてしまっています。

「こんな事ってあるの?」と思うかも知れませんが、残念ながら意外と良くあることなんです。
実際、台所の換気扇やエアコンの配管などで筋交いが切られている場合もあります。

で、問題はこの状況をどうしたら良いか?です。
こちらの現場では下のように補強しました。

IMGP3821.JPG

間に柱を入れて、筋交いを設置し直しました。
もちろん、耐震性もしっかり計算して確認してあります。

実は、ある程度の準備はしてあったんです。
こういった場合、後の工程もあるので対応にはスピードも必要になります。
イレギュラーとは言え、その対応で3日も4日も工事が長引いてはいけません。

なんとか、今回の対応も費用にも工事期間にも影響は無く対応できそうです。

ポイントは・・・
・事前の調査
・経験による推測
・対応する際の職人さんとの連携     です。

皆様に、安全と安心を届けられるように日々努力しています。



posted by mishima at 14:17| 静岡 ☀| Comment(0) | 耐震診断・補強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月14日

時代

こんにちは。橋本です。

日に日に暖かくなってきました。

今月は息子の誕生日・・・プレゼント希望は「プラモデル」でした。

110320_152021.jpg

一所懸命に作ってました。

近頃のプラモデルって、接着剤が要らないってご存知ですか?
色もパーツ毎に着色されているので、後で塗らずとも結構な出来栄えになるんです。

私が小学生の頃は、接着剤と塗料の臭いにまみれながら作ったものです・・。

「時代」は進んでるんですね。

進んでいる・・と言えば、最近の地震対策も変わってきています。

IMGP3548.JPG

これは「制震ダンパー」と言います。
「筋交い」や「合板」と言った補強と併せて使う事で、揺れを軽減してくれます。

こんなに小さくても効果は抜群です。

04-3柱新設、筋交い.JPG

耐震診断・補強も日に日に進んでいます。

今一度、ご自宅の耐震性を確認してみてください。

posted by mishima at 17:33| 静岡 ☀| Comment(0) | 耐震診断・補強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月24日

宜しくお願いします!

こんにちは。 橋本 智之 (はしもと のりゆき) と申します。

今月から沼津店に配属となりました!
何卒、宜しくお願いいたします。

簡単に自己紹介させて下さい・・。

沼津店では最高齢の40歳、2児の父親です。

今担当しているお宅では「耐震補強工事」をしています。

IMG_3698.JPG

基礎を新しく造って・・・

IMG_3778.JPG

リビングに壁を造りました。
木造住宅は壁で地震に耐えます。
耐震性を高める為に、壁を作って補強しました。

業務は主に、住宅全般のチェック、構造のチェックや設計等(耐震診断など)を担当しています。

住宅を地震や災害から守り、建物だけでなく家族を守るお手伝いが出来ればと思っています。

耐震以外でも、建物の事で不安や不満があるときは・・・是非ご連絡下さい!

これから、宜しくお願い致します。


posted by mishima at 18:27| 静岡 ☀| Comment(0) | 耐震診断・補強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月14日

参考数値

こんにちは。

冬が到来し、手が悴んで自由がきかない男。沼津斎藤です。

さて、今日はまずこちら。

画像 001.jpg

沼津の戸田からの帰り道。

発見。


煌めきの丘


良く見ると、富士山も見えて
デートの帰り道とかに寄ったら、良い感じになりそうな雰囲気です。

ここはお勧めです。

いつもシロアリでしたり、気持ち悪い内容なので今日は癒し!
日々の疲れを綺麗な景色を見て下さい。

画像 002.jpg

画像 003.jpg

東伊豆にて。
私が神奈川にいた時は、こんな良い景色を見る事がなかったので、感動します。
鹿にも遭えました。


さて、癒しからの床下です。

画像.jpg

基礎に大きなクラック(ヒビ)があります。

これは0.3o以上ありましたので、
「構造用クラック」
という部類に分けられます。

逆に0.3o以下のヒビは
「ヘアクラック」
と言い、構造的には問題ありません。
表面的なヒビになります。

この0.3oという値が基準になりますので、もしこういったヒビ割れを見つけたら、
ヒビの幅を計ってみて下さい。

ご参考になれば幸いです。

それでは今日はこの辺で。

↓↓弊社、アイジーコンサルティングについては↓↓

IGCDS.gif

アイジーコンサルティング沼津店は↓こちらの地域を主に担当しています。
沼津市、三島市、富士市  
富士宮市、駿東郡、裾野市
伊豆市、伊豆の国市、伊東市、
河津町、函南町、御殿場市、
芝川町、熱海市、下田市、     
西伊豆町、東伊豆町、  
南伊豆町

上記以外の地域でも、静岡東部でしたら、ご相談下さい。

雨でも風でも、弊社の床下診断は費用不要で行います
ので、113年の歴史と豊富な知識を持つ弊社にどうぞ!外壁塗装、耐震診断もお任せ!
お気軽にお問い合わせください♪
潟Aイジーコンサルティング沼津店
tel055−943−6502
posted by mishima at 20:00| 静岡 ☀| Comment(0) | 耐震診断・補強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月10日

大寒波!

こんにちは!沼津店山本です。

最近めっきり寒くなってきまして、雪が降った

地域も多かったようです!

京都の金閣寺ではうっすら雪化粧だったそうです。

雪の金閣寺を見に、足を運ぶ方も多いようです。

一度見てみたい物ですね(^^)

本日の写真はこちらです。

画像 002.jpg

こちらの金の金具、アンカーボルトと言います。

コンクリートに取り付けられた木材(土台)を分離・浮遊・移動

することを防ぐ役割を持ちます。

画像 003.jpg

こちらの斜めの木材、筋交と言います。

地震の揺れには、横揺れと縦揺れがあります。

地震のエネルギーは縦揺れより横揺れのほうが大きく、

地震による住宅被害(倒壊や傾きなど)の多くが横揺れ

によると言われています。

机の上に立てた鉛筆を机の水平方向に揺らすと倒れます。

この現象と同じです。

しかし、斜めに支えているつっかえ棒を付けると何もない状態

より揺れに耐える事が出来ます。

筋交を入れることで、お宅を強く補強してくれるのです!!

このような部材があって、安心して暮らす事が出来るのです。

一度、床下空間を見てみてはいかがでしょうか?

潟Aイジーコンサルティング沼津店
↓こちらの地域を担当しています。

三島市、沼津市、富士市  
熱海市、伊豆市、伊豆の国市    
伊東市、河津町、函南町      
御殿場市、芝川町、清水町     
下田市、裾野市、長泉町      
西伊豆町、東伊豆町、富士宮市    
南伊豆町


雨でも風でも、床下診断は行いますので
お気軽にお問い合わせください♪
潟Aイジーコンサルティング沼津店電話055−943−6502




ブログポータル.jpg
↓↓アイジーコンサルティングについては↓↓ IGCDS.gif アイジーコンサルティング沼津店は↓こちらの地域を主に担当しています。 沼津市、三島市、富士市   富士宮市、駿東郡、裾野市 伊豆市、伊豆の国市、伊東市、 河津町、函南町、御殿場市、 芝川町、熱海市、下田市、      西伊豆町、東伊豆町、   南伊豆町 上記以外の地域でも、静岡東部でしたら、ご相談下さい。 雨でも風でも、弊社の床下診断は費用不要で行いますので お任せ下さい! お気軽にお問い合わせください♪ 潟Aイジーコンサルティング沼津店電話055−943−6502